大学に通っている私の趣味はイラストを描くことです。
絵を描くのは小さい頃から好きでしたけれど、それは今も変わらずなのです。
イラストを描いていると楽しいし、友達からも褒められたりすると嬉しい気持ちをやたらと感じてしまったりもするんです。
「恵美理こんなに上手なんだから、将来はイラストレーターになったら?」
これってよく言われるようになっているんですよね。
実は私も心の中では、将来的にはイラストレーターとしてお仕事をやってみたいと思っているんです。
そのためにも、やはり専門の勉強というのは必要なのかなと考えるようになっていました。
大学2回生の私、キャンパスを卒業した後は就職ではなくデザインの専門学校に通って思いっきり勉強してって気持ちになっていました。
このまま独学でという方法もあるんでしょうけど、やっぱり専門的な知識を教えてもらう学校に行くと言うのはとても良い方法に違いないと考えるようになっていたのです。
ずっと絵を描くことが好きでしたから、どうしてもそれを職業にしたい気持ちを強く持っていました。
卒業した後、専門学校でイラストの勉強をしたいと父親に話してみたんです。
ところが父親の意見としては「不景気な世の中だから、しっかり就職したほうが無難だ」と言われてしまったのでした。
もし、学校に通いたいという気持ちがあるのだったら、就職してその資金を自分で何とかするべきだと言う事も言われてしまいました。
アルバイトをやって専門学校の試験を調達するしかないと思ったのですが、時給が安いために受け取る給与もとても少ないので、自分のための支出だけでそれが吹き飛んでしまうのです。
こうなってくると、たくさんのお金くれる人はいないものかと、そんなことを考えるようになっている自分がいたのでした。
やはり夢の実現というのはどうしてもしたい、チャレンジできるのは若い頃だけですからね。

イラストレーターを目指して、勉強をしたい気持ちを抑えることができなかったのです。

 

 専門学校に通う学費について頭を悩ませていた私に、お金くれるパパの存在を教えてくれたのがキャンパスの友人だったのです。
初めは愛人契約でもしろって言うのって思ってしまいました。
だけど詳しい話を聞いてみたのですが、従来の愛人関係とはまったく違ったお付き合いの方法で、それは本当なの?って思ってしまったのでした。
最近アルバイトも辞めてフラフラしている友達が、私に食事をご馳走してくれたので、とっても不思議に思っていたのですが、パパを探しに成功したからお金があるって言われて驚きでした。
誰だってパパなんて聞いたら、愛人とか援助交際と思っちゃいますよね。
ところが、大人の関係を抜きにお付き合いをしているって言うんです。
彼女曰く、セックスなしのパトロンを作って定期的な食事などにお付き合いで、月に12万円ほど稼ぎがあると言い出したのですからね。
月に12万?それどういう意味?って感じです。
エッチしないのに男の人って、そんなにお金くれるものなの?ととにかく頭の中がハテナマークだらけ。
友人の話では、今はパパ活という関係が女の子たちの間で大ブームになっているとのことでした。
食事やデートにお付き合いをすることが、お小遣いになってしまうという気軽な関係で、大人の関係を作る必要がまったくないと言うのです。
この話が本当だったら、学費を何とかできるかもという期待が湧き上がってきました。
彼女はパパ活アプリを使うことで、お金くれる人を探し出せると教えてくれたのです。
これで夢に向かって前進できるかもしれない、そう思うと激しいまでの希望が膨らんでいくのを感じている自分がいました。
エッチ抜きでお小遣いくれるパパがいる、それもかなりの金額を出してもらうことができるって言うんですからね。
月に10万以上にもなったら学費を貯蓄することができ、また遊ぶお金だって楽勝で手にできてしまうんですから。

だから私も人生で初めての、パパ活に挑戦することにしました。

 

女性は完全無料定番アプリ男性だけ有料
パパ活アプリBEST5
パパ活の達人の親友に教わったアプリ

 

 

自己紹介
名前:恵美理
性別:女性
年齢:20歳
100文字程度の自己紹介:
 現在20歳の大学生の私。
将来はイラストレーターになりたく、その夢を実現するため専門学校に通いたかったのです。
だけど学校の費用は親が出してくれないため、自分で何とかしなければいけなかったのです。
高額な学費をどうするか悩んでいた時、パパ活っていう方法があるのを教えてもらうことができました。